Change language

RFIDって何?

RFID(Radio Frequency Identification)とは、物品に取り付けたり、人が持ち歩いたりするタグを、近距離無線通信を用いて自動で認識・追跡するための技術です。

RFIDシステムは、タグとリーダー(イントロゲータとも言う)という2つの要素から成り立っています。RFID内に書き込まれた情報は、バーコードと同じようにリーダーをかざすだけで読み取ることができます。

RFIDタグとバーコードの最も大きな違いは、例えばダンボールの中などリーダーを直接かざすことができないところにRFIDタグがあっても読み取れることです。つまり、認識・追跡が必要な物品の中にRFIDタグを入れることもできるのです。
 

RFIDタグの種類

RFIDタグには、「アクティブ」と「パッシブ」の2種類があります。アクティブ型RFIDタグは電池などのパワーソースを内蔵し、常にデータを送信し続けるので、数百メートル離れたリーダーでもデータを受信できます。

パッシブ型タグはパワーソースを内蔵しておらず、そのかわりに近くのRFIDリーダーから送られてくる電波を使って通信を行います。パッシブ型RFIDタグがデータを送信できるようにするためには、リーダーの“スイッチをオン”にする必要があります。
 

RFIDはどのように動作する?

RFIDは、AIDC(Automatic Identification and Data Capture)、つまり自動認識およびデータ取得のメソッドの一部です。AIDCとは、対象物を自動的に認識し、それについての情報を収集し、そのデータを人の手を借りることなくコンピュータシステムに保管するテクノロジーです。

RFIDシステムを利用するために必要なのは、RFIDタグまたはスマートラベル、RFIDリーダー、そしてアンテナの3つのコンポーネントだけです。RFIDタグにはICとアンテナが内蔵されていて、電波をリーダーに送信し、リーダーは受け取った電波をより利用可能なデータに変換します。

タグから集められたデータは、通信用インターフェースを介してホストコンピュータシステムに送られ、データベースに保管されます。保管されたデータは、好きなときに取り出して解析することができます。
 

RFIDはどのようにビジネスで活用される?

RFIDテクノロジーは、在庫管理、資産管理、偽造防止、ID認証、人員追跡、立ち入り禁止区域への進入制限、サプライチェーンマネジメントなどに使うことができ、多くの産業分野で利用されています。

例えば・・・

  • 携帯電話: RFIDタグを取り付けることで、携帯電話が組立ラインから顧客の元に届くまで、出荷プロセス全体の追跡が可能になります。
  • 医薬品: RFIDチップが埋め込まれた医薬品を、ある倉庫から出荷されて別の倉庫に到達するまで追跡することができます。
  • ペット・家畜: RFIDテクノロジーの古くからの使い方のひとつで、動物一頭一頭の識別を可能にするためにマイクロチップが広く実装されています。
  • パスポート: RFIDパスポート(“e パスポート”)は、パスポートの持ち主に関する情報を格納することはもちろん、出入国歴や渡航歴(日時と場所)も記録します。

 

様々なシーンで利用されているRFIDテクノロジー

沖合にある石油リグやガスプラットフォームでは、安全対策としてスタッフがRFIDタグを身に着けています。タグによって働く人たちの位置が24時間を通して確認でき、緊急事態が発生した場合も、すぐに居場所を特定できます。

リテールでは、RFIDタグは、アイテムレベルのタグ付けに最も広く使用されています。在庫管理に加え、盗難(外部・内部による)や万引きに対する保護を提供し、お客さまの安全・安心・確実なセルフレジの利用を可能にします。

スキーやイベントのパスにもRFIDテクノロジーは内蔵されています。ソーシャルメディアのプラットフォームでは、イベントでゲストが自動的に写真をキャプチャして投稿できるようにRFIDタグを使用しています。自動車産業では、モーターショーでのソーシャルメディアマーケティングにおいて、広くRFIDテクノロジーが導入されています。
 

なぜ企業はバーコードからRFIDに乗り換えているの?

RFIDの利用が増えている主な理由は、オートメーション化です。光学タグを一つひとつ読み取るための人員確保が難しい中、タグを自動で大量に読み取ることができれば、様々な問題を解決できます。効率化を求めて、大きなリテーラーは在庫をRFID読み取り可能にするようにサプライヤに要求し、その結果、より多くの企業がバーコードからRFIDに移行しています。

RFIDタグはより多くのデータを保持することができ、バーコードと比べて裂けや汚れなどの損傷にも強いのも特長です。
 

ファッション&アパレルリテールにおけるRFID

ファッションブランドは、RFIDテクノロジーを使った新たな顧客体験を考案し始めました。RFIDタグが取り付けられたアイテムを手に取ると、そのアイテムがどのように作られたかを紹介するインタラクティブビデオがスタートします。RFIDを活用した試着室では、お客さまがどのアイテムを試着しようとしているかを認識し、インタラクティブミラーの中でおすすめのアイテムを紹介することも可能です。さらに、デジタルコンシェルジュウォールが、飲み物を提供するなどお客さまをお手伝いし、タブレットと組み合わせることで、RFIDタグがシームレスなチェックアウト体験を提供します。

どのアイテムを試着したかというデータを、お客さまの購入履歴から導き出されるショッピングの傾向と組み合わせて、お客さまの好みやテイストを分析することも可能です。店内のセールススタッフは、コンピュータやタブレットからこうした情報にアクセスすることで、お客さまにテーラーメードの体験を提供できます。

リテーラーは、各アイテムの正確な可視性を実現するために、アイテムレベルのトラッキングを行っています。商品に取り付けられたRFIDタグを使うことで、スタッフは迅速かつ正確に求められたアイテムを見つけることができます。これにより、探していた物を確実に提供してくれる店舗であることをお客さまに印象づけることが可能になります。さらに、次の販売(クロスセリングやアップセリングを含む)が容易になる上、顧客ロイヤリティの向上につなげることもできます。

毎年店舗には製造業者から多数の衣料品や靴が配送されてきます。この膨大な数の商品の在庫管理、品切れへの対応、盗難防止を手作業で行うには大きなコストがかかります。買い物客がサービスに求める期待がより高くなっている今日この頃、導入の障壁がより低くなっているRFIDテクノロジーを、リテーラーはますます採用するようになっています。
 

病院や図書館でのRFIDの活用

RFIDテクノロジーは、同様の認識メソッドの中でも非常に高価なもののひとつでした。しかし、最近の開発により、この省力化技術は、ビジネスの中で様々な用途で使うことができるようになっています。

ヘルスケアは、RFIDテクノロジーの導入で大きな利益を得ることができる分野のひとつです。RFIDタグと既存のデータベースを組み合わせることで、看護師や医師は患者の状態をリアルタイムで把握できるようになりました。これにより、不要なチェックやモニタリングを排除することができ、大勢の患者に対してより適切に対処できるようになったのです。ある病院では患者が来院してから帰るまでの時間を大幅に短縮することに成功しています。

RFIDテクノロジーは医薬品の在庫管理、スタッフの出勤状況の追跡のほか、立ち入り制限区域への侵入の管理にも使うことができます。RFIDタグが埋め込まれた器具は、消毒工程を通過したかどうかを追跡することができるので、すべての用具が適切に処理されているか確認することが可能です。使い捨て品はRFIDでより効率的に管理できるため、ガーゼ、手袋、プラスチック製の薬瓶など必要不可欠なアイテムの在庫切れを削減することができます。RFIDを使うことで、移動可能な機器の把握もより簡単になります。

図書館にRFIDテクノロジーを導入することは、高い投下資本利益率(ROI)と経費削減をもたらす持続可能な投資を行うことになります。現在、バーコードが一般的に使用されており、年間300万件にのぼる貸出・返却も、それぞれ一点一点を手動でスキャンしなければなりません。一冊の本をスキャンするのにかかる時間は2秒ですが、積み重なるとスキャンの作業だけで年間3000時間も費やされていることになります。

RFIDテクノロジーを使うことで、複数の本を一度にスキャンすることができ、時間と行列を削減することができます。RFIDと互換性のある仕分け機を設置することで、本は正しいカートに自動的に仕分けられるようになるので、返却された本をスタッフが手作業で仕分けるよりも図書館はさらなる経費や時間の削減が可能になります。

図書館では、本が間違った場所に置かれたり、なくなったりすることがよくあります。ハンドヘルドリーダーを使えば、図書館員は、本の紛失や置き忘れがないかをすばやく確認して、在庫管理を迅速化できます。このプロセスは、棚にRFIDリーダーを設置することで自動化することも可能です。
 

バーコードと比較したRFIDタグの利点

  • RFIDタグは、箱の中や重なっている物品の下など、見えないところにあっても読み取ることが可能です。
  • RFIDタグは、20600メートルという超遠隔からでも読み取ることができます。
  • RFIDタグのリーダーは、1秒に数千件のタグを処理することが可能です。
  • RFIDタグは、リーダーの読み取り範囲内にあるだけでいいので、製品パッケージの同じ位置に取り付ける必要がありません。
  • RFIDタグの内容は、何度も変えることが可能(書き換え可能なタグの場合)です。
  • RFIDタグの寿命は10年以上。パッシブ型のタグは半永久的に使用可能です。
  • RFIDタグは、より多くのデータを保管できます。
  • RFIDタグは、単なるデータストレージではなく、知的動作をするようにプログラムされています。
  • RFIDタグは、暗号化されたデータも非暗号化されたデータも同時に保管することができます。さらに、パスワードを利用して、より高いレベルのセキュリティを提供しつつ、格納されたデータにアクセスすることができます。
  • RFIDタグは、過酷な環境における長い寿命と高い耐久性を誇ります。

 

RFIDは信頼できる?

RFID導入を検討する際、RFIDが個々のタグを一度に、正確に読み取ることができるかどうか不安に感じる方もいますが、バーコードスキャンを使った手作業による集計方法も、100%正確というわけではありません。でも、RFIDを使えば、バーコードスキャンよりも集計の精度を高めることが可能になります。

製造業者が、発送のために倉庫のドアを通過するすべての荷物のバーコードを読み取る代わりとしてだけに、RFIDテクノロジーを利用しようとしているのであれば、それは、RFIDが生み出す可能性を無視することになります。製造業者はパレットに積み上げられたケースのRFIDタグをそのままの状態で、ハンズフリーリーダーで読み取るだけで、業務改善に必要な情報も収集できるのです。
 

RFIDで実現する正確な在庫管理

リテーラーの多くは、在庫精度が60~70%であることを認識しています。でも、受取エリア、補充エリア、そしてバックルームと販売フロアの間のドアに固定リーダーを設置し、ハンドヘルドリーダーを1台用意するだけで、在庫精度を99.9%まで高めることができます。しかも、ハンドヘルドリーダーがRFIDをスキャンする速度は、バーコードスキャンの約25倍です。

RFIDに100%の信頼性が求められるのは、金融取引に関わるときのみです。MasterCard やVisaが、RFIDをクレジットカードに導入しているということは、それだけこの技術の信頼性が高いと言ってもいいでしょう。
 

RFIDは大量のオペレーションにふさわしい?

RFIDテクノロジーは一度に多くのアイテムを取り扱うのに適しているため、アパレルリテーラーは大量オペレーションにRFIDを採用した最初の業界となりました。それは、タグをリーダーの視野内に配置する必要がなく、読み取り範囲内に置くだけで、数千ものタグを一度に読み取ることができるからです。

ちなみに、2017年から多くのリテーラーが、サプライヤ、メーカー、およびブランドに対し、コンプライアンスに違反した場合と同様に、出荷に伴い不適当な商品情報を伝えた場合に罰金を科すと発表しています。そのことからも分かるように、現在、商品のトレーサビリティはますます重要になっています。
 

大量のタグの読み取り

RFIDリーダーは、2つのタグと同時に通信することができないため、ひとつのタグとの通信を終えてから、次のタグに移るという作業をする必要があります。ただし、これは非常に素早く行われるため、実際には同時ではありませんが、同時に行っているように感じられます。

リーダーは、そのタグ固有の番号に応じて、タグに応答を求めます。もし2つのタグが応答したら、リーダーは少し異なる方法で再度応答を求め、ひとつのタグのみが応答するまで続けます。

例えば、リーダーは“0”から始まるシリアル番号を持つすべてのタグに応答を求めたとしましょう。2つ以上のタグが応答した場合、リーダーは“00”から始まるシリアル番号を持つすべてのタグに応答を求めます。これを続けることで探していたタグを特定するのです。
 

RFIDで在庫切れを削減

大規模なリテーラーは、流通がビジネスの成功の鍵であることを最初から認識しています。RFIDを導入したパイロット店舗は、他の多くの店舗と比べ、在庫切れを16%削減することができました。RFIDを導入した店舗では、導入していない店舗よりも在庫切れの商品が3倍速く補充され、売上げと顧客満足度を向上させています。
 

Change language