Change language

ナチュラル、クリーン、そしてハイテク

私たちが新たに提案するサステナブルなECO RFID Tag Technology(エコRFIDタグテクノロジー)は、環境への取り組みを重視する企業のために作られました。これは、プラスチック層もなく、有害な化学物質の使用もなく、RFIDラベルを再生可能な紙へ印刷できるようにする技術です。「ECO」は「エコロジー」に加えて、「エコノミー」も意味し、大きな費用負担もなく、高品質・大容量を実現します。

ストゥーラエンソの
エコ物語

ストゥーラエンソ は、RFID製品のみならず、パッケージング、バイオマテリアル、木造建築、紙業界において、市場をリードする再生可能なソリューションを提供しています。そして、そこに使われる素材の多くが、再生可能、再利用可能、リサイクル可能です。だから、ECO RFID Tag Technologyの開発は、ストゥーラエンソにとって、自然な流れでした。

革新的な製造技術

ストゥーラエンソが特許を持つ独自のECOテクノロジーは、従来のインレイ製造工程に代わる、革新的で実現可能な手段を提供します。それは、シンプルで高速かつコスト効率の高い方法で、ドライアンテナのアディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)の工程、ICの高速組み立て、より少ない材料層しか必要としない簡易化されたラベルコンバータを可能にしています。

 

ユニークなRFIDラベル構造

ECO RFID Tag Technologyは、サステナブルなファイバーベースの紙基材と、より電導効率が高く低コストの導体を使用。信号を変換中、アンテナの紙基板が面材として機能することで、表面のラミネート層をなくすことを可能にしました。

 

高いコスト競争力を実現

ECO RFIDタグは、アディティブ・テクノロジー(積層造形技術)を使って製造されています。この製造方法が必要とするのはわずかな面積のみ。つまり、全工程を一つ屋根の下に置くことが可能です。さらに、簡易化され、大量生産が可能な機械は、製造コストも削減。薄くインレイの少ないラベル構造は、原料や輸送のコストの低減にもつながり、サプライチェーンの大幅な効率化にも寄与します。

Simplified, high-capacity machinery reduces production costs. And a thin, inlay-less label structure lowers material and shipping costs.

 

ストゥーラエンソのRFIDタグ

ストゥーラエンソは、幅広いRFIDラインナップを提供しています。ECOテクノロジーに基づいたモデルに加え、使う場所や用途に合わせて開発された通常のRFIDタグも製造しています。
Read more

Contact us for more information

Change language