Change language

ファッションチェーンのKekäleが

ストゥーラエンソのサステナブルな

ECO RFIDを採用

 

フィンランドの衣料品チェーンKekäleは、全業務におけるRFIDタグの供給元として、ECO RFID Tag Technology(エコ RFIDタグ テクノロジー)を提供するストゥーラエンソを選択しました。100を超えるハイクオリティブランドのセレクションを提供するKekäleは、このコラボレーションによって環境に配慮した方法でRFIDのベネフィットを得ることが可能になります。

 

環境への配慮を重視するKekäleは、タグの供給元にストゥーラエンソを選ぶことで、事業の中で使用するすべてのタグをサステナブルなECO RFIDタグにしました。ストゥーラエンソのECO RFID Tag Technology(特許取得済み・受賞歴多数)は、従来のRFIDタグに見られるようなプラスチック層や有害な化学物質の使用もなく、再生可能な紙にRFIDラベルの印刷が可能です。このECO RFIDタグの採用によって、Kekäleは、在庫管理の向上、関連コストの削減といったRFIDのメリットを得つつ、CO2排出量の40%削減を実現することが可能になりました。

「当社の全店舗でRFIDを採用するという決定をしたのは、私たちのビジネスがより迅速に、より効率的になると同時に、最も重要なことは、お客さまにより良いサービスを提供できるようになるからです。ストゥーラエンソのECO RFIDラベルの導入は、私たちが目指すサステナブルな未来に向けた小さな一歩ではありますが、重要な一歩となるでしょう」とKekäleのCDO、Eetu Karppanen氏は述べています。
 

【Kekäle/ストゥーラエンソについて】

Kekäleは家族経営の衣料品チェーンで、60年以上にわたり、フィンランド人に衣料品を提供してきました。会社は11の店舗とオンラインストアを有し、毎年20万人以上のお客さまにアイテムをお届けしています。Hugo Boss、Ted Baker、Makia、Samsøe & Samsøeなど、100を超えるクオリティブランドのセレクションを持つKekäleは、着る人のパーソナリティや個性を多角的に表現するウェアを提案することで、ファストファッションに対抗することを目指しています。

ストゥーラエンソはサステナブルな原材料メーカーです。2020年、企業の社会的責任評価サービス、EcoVadisによるサステナビリティ実践評価において、トップ1%の企業にランクインしました。ストゥーラエンソのインテリジェントパッケージングは、アイテムレベルの追跡、無人のリテールおよび産業ソリューションに特化した、RFIDベースの製品とソリューションです。ECO RFIDは、IDTech Exより2018年「ベストプロダクトアワード」を授与されました。

Change language