Change language

Ribo Groupが

中国のウィメンズファッションに

ECO RFIDを導入

 

中国のウィメンズファッションリテーラー、Ribo Groupは、衣料品の下げ札にストゥーラエンソのECO RFIDの採用を決定しました。2019年12月に下げ札の供給元であるEsquel社とコラボレーションがスタートし、何百万個にも上る従来のRFIDラベルはサステナブルなラベルに置き換えられることになります。

 

イノベーション、そして環境への責任に重点的に取り組んでいるRibo GroupとEsquelの両社にとって、紙ベースかつリサイクル可能でユニークなECO RFIDを採用するのは自然の流れでした。受賞歴もあるECO RFID Tag technology (エコ RFIDタグ テクノロジー)は、従来のRFIDタグと比較してCO2排出量の削減を可能にするだけでなく、コスト競争力もあり、しかも高性能です。

「このコラボレーションによって、持続可能な社会を目指すといった当社の目標に沿った形で、RFID独自のメリットを得ることができました」と語るのは、 Ribo Group のVP、Liang Lin.氏。

「この決定は、お客さまにサステナブルな製品を提供することで、より良い未来を共に築いていくという、当社のヴィジョンに沿ったものです」とEsquelの社長、Jenny Cui氏も述べています。
 

【Ribo Group/Esquel/ストゥーラエンソについて】

Ribo Groupは、中国全土で1100店を超える店舗と1700人の従業員を擁し、480万点の衣料品を扱う中国のウィメンズファッション企業です。同社は、20年の歳月をかけ、デザイン、生産、販売を統合する国際的なブランドアセットグループへと成長しました。Ribo Groupは、自然の摂理と生命の活力に対する信念を尊重し、「創造性が未来の成功を築く」というコアバリューを提唱しています。

Esquelは、全世界で5万人の従業員を抱える、香港有数のテキスタイル&アパレルメーカーです。人と環境を調和させ、次世代から感謝されるサステナブルな未来を築き上げることを目標としています。

ストゥーラエンソはサステナブルな原材料メーカーです。2020年、企業の社会的責任評価サービス、EcoVadisによるサステナビリティ実践評価において、トップ1%の企業にランクインしました。ストゥーラエンソのインテリジェントパッケージングは、アイテムレベルの追跡、無人のリテールおよび産業ソリューションに特化した、RFIDベースの製品とソリューションです。ECO RFIDは、IDTech Exより2018年「ベストプロダクトアワード」を授与されました。
 

ECO RFID Tag Technologyについて詳細を見る

Change language