Change language

ストゥーラエンソは、電子レンジで安全に使える

世界初のサステナブルなRFIDタグを発表しました

 

ストゥーラエンソ インテリジェントパッケージングは、「ECO RFID フード&ビバレッジコレクション」として、食品や飲料に特化したサステナブルなECO RIFDをラインナップ。そのひとつが電子レンジで安全に使える世界初のペーパータグ、ECO Meal(エコミール)です。

RFIDテクノロジーが提供する、リアルタイムの”トラック&トレース”機能は、食品業界において流通や在庫管理の分野で活用され、次世代の無人店舗へのサポートも期待されています。

ストゥーラエンソの「ECO RFID フード&ビバレッジコレクション」の仲間、ECO Meal RFIDタグは、調理済み食品をアイテムレベルで追跡可能にするために特別に設計され、初めて市場に導入されたRFIDタグです。ECO Mealの特徴は、従来のRFIDテクノロジータグと違い、電子レンジで食品を温める前にパッケージから取り除く必要がないことです。*

「ECO RFID フード&ビバレッジコレクション」には、ECO Mealの他に、プラスチックボトルのキャップにぴったりフィットするECO Cap(エコキャップ)、缶やメタリック層があるパッケージなどオンメタルで使用するために設計されたECO Stripe(エコストライプ)、段ボールやプラスチック製パッケージ用のECO Hanger(エコハンガー)がラインナップされています。

これらのタグは、独自の消費期限機能付きで提供され、「賞味期限」や「消費期限」の日付に近づいているアイテムを認識。値引きをするなど、リテーラーが食品廃棄物を減らすための行動をサポートします。さらに、ストゥーラエンソのサステナブルなECO RFIDタグ テクノロジーを使うことで、100%プラスチックフリーのタグを実現。ペーパーベースなので、紙のリサイクル工程での処理が可能になる上、エッチングなどの製造工程で廃棄物が排出されることも、有害な化学物質を使用することもありません。

ECO Meal をはじめとした「ECO RFID フード&ビバレッジコレクション」は、地球環境に優しい経営を目指す企業にとって、よりサステナブルな選択肢になるでしょう。

 

「ECO RFID フード&ビバレッジコレクション」の詳細はこちら。

 

* 特許取得済みのECO Mealラベルの電子レンジ加熱時における安全性試験は、世界的な検査機関であるTÜVRheinland®(テュフ ラインランド)の研究所で実施されています。ダグの適用を確実にするために、タグは付け方の指示に常に従う必要があります。

Change language